2020/01/06

【気功法「予備動作」の紹介】

気功法実践講座の内容の一部である「予備動作」の紹介です。
予備動作を継続的に実践することで何かが変わるかもしれませんよ。

是非お試しください。


気功法実践講座のご案内

| | コメント (0)

【 2020年1月の方位 】

成功力では、どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に悪い方位、良い方位はありますが、ここでは対象としていません。

2020年は暦の上では2月4日から始まって、2021年2月3日までの1年間が庚子(かのえね)七赤の年となります。

1年間(2020年2月4日~2021年2月3日)は、東と西と南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て東と西と南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、1月18日~2月3日、4月16日~5月4日、7月19日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2020年月1月6日は小寒で暦の上ではこの日から暦の上では1月となりますが、年はまだ2019年己亥八白のままです。
2020年1月6日~2020年2月3日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、南と北と南西の方角は注意が必要です。

なお、北東と南西と東南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と南西と東南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、8歳以下のお子様が旅行などで南西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

No4608_

| | コメント (0)

2019/12/25

【 邪気祓い(じゃきばらい) 】

気功法実践講座で指導させていただいている気功法は、「心癒功」という独自の気功法が元になっています。
内容を簡単に解説すると、導入部分では体と心を緩めるための「予備動作」を行います。

次に、体の隅々にまで気をめぐらすことを呼吸とイメージで行っていきます。

そして体の中の気の勢いが高まったところで、「外気発射」と呼ぶ方法で自分の気の力で相手の体に触らずに動かすということを実践しています。

以上が実践講座で行うルーティンなのですが、体の不調を感じている方がある場合は、特別に「邪気祓い」という方法を公開しています。

体の不調は各種エネルギーの影響で起こっている場合が多いものです。
従って、そのエネルギーの影響を軽滅させることで体調不良は改善されます。
エネルギーの影響を軽滅させるために自分が練って強くした気エネルギーを応用するのです。
これを「邪気祓い」と呼んでいます。

「邪気祓い」には、二つの方法があり、一つは、自分の体調不良を改善するために行うもので自分の体内で完結します。

もう一つの方法は、他人の体調不良を改善するために、自分の気を外気発射により相手の患部に照射してエネルギーの影響を軽滅させるというものです。

いずれにしても、施術者の気の強さが「邪気祓い」の成否を左右します。
多少のテクニックを必要としますが、病気の予防にとても役立ちますので、多くの方に身に着けてほしいと考えています。
Photo_20191225142701

| | コメント (0)

2019/12/04

【 12月の方位 】

No4

成功力では、お仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。

2019年は暦の上では2月4日から始まって、2020年2月3日までの1年間が己亥(つちのとい)八白の年となります。

1年間(2019年2月4日~2020年2月3日)は、北東と南西と東南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と南西と東南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月5日、7月20日~8月7日、10月21日~11月7日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2019年月12月7日は大雪で暦の上ではこの日から12月となります。
2019年12月7日~2020年1月5日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、南と北の方角は注意が必要です。

そして、8歳以下のお子様が旅行などで北の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

| | コメント (0)

2019/11/27

【 気功法実践講座で 外気発射 】

気功法実践講座(三原教室)は開講から1年以上が経過し、会員の皆様の気も強くなってきたので、そろそろ外気発射に挑戦してもよい時期
ではないかと思い、今回挑戦してみました。
外気発射というのは、二人で向き合って片方の人が相対する人に向けて自分の気を発射し、相手が気を感じることで何らかの変化がおこると
いうものです。
発射する側の気が強ければ強いほど受ける人の変化は大きく現れます。
また、受ける側の人の気を感じる能力も影響します。
現れる変化としては、見えない力で押されるように後ろに動かされ、激しいときは後ろに倒れそうになります。
この変化の度合いで、発射する側の気の強さを確認することができます。

いつもは、私(菅)が発射する側に回って、皆さんには受ける側になってもらっていますが、今回は会員様同士で二人組になってお互いに発
射する側と受ける側を経験してもらいました。
結果としては、後ろに動くまでには至らなかったようですが今後繰り返し行うことでだんだん変化が大きくなっていくことになります。

外気発射の狙いは、気を外に出すことでより多くの気を体内に取り込むことできます。
その結果気が強くなるスピードが速まることになります。
また、受ける側はとても気持ちがよいということを聞いています。

今回の動画は、私が発射側となり会員の皆様に受け側となってもらい外気発射を行っているところです。
両手を持ったままで行っていますが、後ろに倒れると危険なのでこのようなスタイルで行っています。
手で押しているように見えるかもしれませんが、決してそうではなく体を緩めるためのきっかけを作っているのです。

| | コメント (0)

2019/11/07

【 邪気払いで胸のしこりが 】

気功法実践講座で最近参加された方が、胸のしこりが気になるということを訴えられていたので、邪気払いの方法をお教えして、約1か月たったころにうれしい報告をいただきました。
2か所あった胸のしこりがだんだん小さくなっているということでした。
とても感激されていましたが、信じて根気よく行っていただいたので良い結果が出たのですよとお伝えしました。
私にとってもうれしい報告となりました。

Photo_20191107105801

| | コメント (0)

2019/11/04

11月の方位

成功力では、お仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。

2019年は暦の上では2月4日から始まって、2020年2月3日までの1年間が己亥(つちのとい)八白の年となります。

1年間(2019年2月4日~2020年2月3日)は、北東と南西と東南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と南西と東南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月5日、7月20日~8月7日、10月21日~11月7日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2019年月11月8日は立冬で暦の上ではこの日から11月となります。
2019年11月8日~2019年12月6日までの期間は、車やなど高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などは、北東と東南と南西の方角は注意が必要です。

そして、8歳以下のお子様が旅行などで南の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

 

Q2_20191104210501

| | コメント (0)

2019/10/28

【 自発動功について 】

質問をいただきました。

私は自発動功を自分の好きなときに始め、止めることもできます。
おなじような友達と手をつないだりして、お互いの気の流れ?にのって同時に自発動功をやって楽しんだりすることがあります。
こういった動功ですが、正式名称みたいなのはありますが?
一応、どういうった位置づけとか名称なのか知りたいのでよろしくお願いします。

菅より

自発動功に関する私の考え方をお伝えいたします。
正式名称というものは分かりませんが、一般的には自発動功といわれています。
野口整体では「ゆき」か「ゆうき」と呼んでいるようです。
正しい綴りが分かりませんのでかなで書きます。
検索してもらえれば分かると思いますが。

この自発動功のメカニズムをよく理解しておく必要があります。
ここでは詳しくはかけませんが、自発動功を行っているときは心が開放となっています。
心の弱い人や、依存心の強い人などは、自分の心のコントロールがうまく出来ない人が多いものです。
そのような人が自発動功を行うと、開放した心の中に邪気が流れ込んできた場合に問題となります。
また、霊媒体質の人なども問題です。
自分でコントロールできないので、パニックに陥ってしまうことがあるのです。

指導者がこのような状態を改善できる能力があればよいのですが、もし出来ない場合はそ

の方の体調が悪くなったり、最悪の場合は精神に影響が出てきます。
全ての人に悪影響が出るいうことではなく、悪影響が出る人がある可能性があるということを言っているのです。
解決できる能力さえあれば問題はないのですが、ネットで紹介する場合誰が自発動功を行うかわかりませんので私は自発動功をお勧めしない立場をとっているのです。
お分かりいただけたでしょうか。
問題がなければ自発動功もすばらしい癒しの技術だと思いますよ。

KikouhourogoKikouhourogo

| | コメント (0)

«【 2019年10月の方位 】