カウンター

フォト

心癒功を身につける!

心癒功実践講座

  • 心癒功実践講座

ネット講座「心癒功講座」

  • 好きな時間、好きなところで学べる「心癒功通信講座」
    心癒功通信講座

最近のトラックバック

2022/04/30

【2022年5月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

九星気学 八雲院
https://yakumoin.info/

2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月5月5日は立夏で暦の上ではこの日から5月となります。

2022年5月5日~2022年6月5日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と南西と北西の方角は注意が必要です。

なお、北東と南西と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と南西と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで北東の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

5

2022/04/01

【2022年4月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月4月5日は清明で暦の上ではこの日から4月となります。

2022年4月5日~2022年5月4日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北と南と北西の方角は注意が必要です。

なお、北と南西と南と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南西と南と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

4月17日~5月4日は土用の期間となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

8歳以下のお子様が旅行などで西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で


方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


方位を調べるなら「あちこち方位」

4-2

2022/03/16

【目に見えないもの】

気功法の説明をすると「自分は目に見えないものは信じない」と言われる方に出会うことがたまにあります。
目に見えないもので存在が明らかになっているものに何があるかと考えたときにふと「電気」がそうかなと思い、電気がどのようにして発見され存在が証明されたのか調べてみました。
四国電力のホームページに「電気の話」という記事があり面白く読ませていただきました。
電気にまつわる話はたくさんあり、知っていることも多いのですが、静電気の発見が電気の始まりだったとは知りませんでした。

また、エネルギーについても記述があり、なるほどと納得したのですが、気功法で扱う気エネルギーについては暮らしと関係ないからでしょうか記述がありませんでした。
それとも存在が明らかになっていないためなのでしょうか。

気エネルギーなど存在が証明されていない様々なエネルギーの存在を証明する方法が見つかることを期待しています。
また、暮らしをよくするための応用法なども開発されるといいなと思います。

四国電力のホームページ 「電気の話」

Photo_20220316103401

2022/03/14

【野呂山へ】

東広島市に移住して4カ月が過ぎ、ひと冬を越したところで暖かい日が続くようになり、家族でドライブをしようということになり以前から家族の間で話題になっていた野呂山に登ってきました。
標高839mなので頂上付近での眺望は素晴らしいものでした。
また、ロッジなどの施設もあり、大きな池の中には水鳥が泳いでいました。
こちらに移住して思うのですが、自然と触れ合うことが日常となり、自宅の周辺では様々な野鳥を目にすることが出来、何か心が洗われるような気がしています。
時間の流れもゆっくりと流れているように感じます。
これからの春、夏、秋と季節の移り変わりも楽しみにしています。

Img_2285

Img_2301

2022/02/26

【2022年3月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月3月5日は啓蟄で暦の上ではこの日から3月となります。

2022年3月5日~2022年4月4日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北と南と西の方角は注意が必要です。

なお、北と南西と南と西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南西と南と西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで北西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で


方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


方位を調べるなら「あちこち方位」

32-2

2022/02/22

【気功法実践講座を再開しました!】

コロナウィルスの影響で公共施設が使えなくなり、気功の練習もできなくなっていましたが、やっと再開することが出来ました。
自宅の移転の関係で、練習会場を東広島市に移し、本日久しぶりに練習を再開しました。
参加者は練習会場を変更した為少なくなりましたが、今後は参加者を募る活動もしてきたいと思っています。
久しぶりのルーティンで体が軽くなりました。

気功法に興味のある方、なんとなく体調が思わしくない方は是非気功法実践講座にご参加をご検討ください。

気功法実践講座のご案内

Kikouhoujissennkouza_20220222165401

2022/01/30

【2022年2月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」

2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月2月4日は立春で暦の上ではこの日から2月となります。

2022年2月4日~2022年3月4日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と南西の方角は注意が必要です。

なお、北東と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」

方位を調べるなら「あちこち方位」

2_20220130094901

2022/01/02

【2022年1月の方位】

明けましておめでとうございます。
皆様にとって良い年でありますように。

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月1月 5日は小寒で暦の上ではこの日から1月となります。

2022年1月5日~2022年2月3日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、東と西と南西の方角は注意が必要です。

なお、東と西と東南と北西と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て東と西と東南と北西と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

又、1月17日~2月3日は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

8歳以下のお子様が旅行などで南西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で


方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


方位を調べるなら「あちこち方位」

1

«【念願のオーディオルーム】

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめの本

  • 「癌は栄養療法で治る」
  • 「ガン食事療法全書」
  • 白隠禅師-健康法と逸話
無料ブログはココログ