« 2004年12月18日 | トップページ | 2005年2月11日 »

2005/01/20

笑いは免疫力を、悲しみは心を強化する

人間は様々な感情を持っています。そして、その感情によって様々な表情が顔やしぐさに現れます。

この感情や、表情で内面が変わるというお話です。

面白いことやおかしいことに出会ったら笑いますね。映画、テレビ、演劇などで面白い場面を見ると笑いますね。人と会話をしていてもギャグなどで笑ってしまうこともありますね。時には思い出し笑いもしますね。
このように笑いはあらゆる場面でありますが、あなたは、よく笑いますか?1日どれぐらい笑いますか。考えたことがありますか。

笑うことで免疫力がアップする事をご存知ですか?
科学的にも証明されています。
吉本興業が笑いで健康づくりをサポートするという企画を公表しています。
よく笑う人ほど健康になるのです。
毎日心から笑えるような面白い事を見つけましょう。
面白いことがなかったら、自ら声を出して笑いましょう。それでも効果はあります。
いつもニコニコ、スマイルで行きましょう。
何か良いことがありますよ。

反対に、悲しみは心をマイナスにします。
この悲しみの感情を永遠に持ち続けて生活する人もありますが、ほとんどの方は時間と共に悲しみの感情は消えていきます。

人間は悲しみを乗り越えた時にはやさしくなれるものなのです。
そして、精神的に強くなります。
自然災害などの被害で身内を失った方たちのその後をドキュメントで見ることがありますが、皆さん強くなっているように見えますよ。
何かが変わっているのだと思います。

ある経験により感じた悲しみを、克服された時には心が強化されています。

喜びも悲しみも人間にとっては必要な感情なのです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年12月18日 | トップページ | 2005年2月11日 »