« 2005年6月29日 | トップページ | 2005年8月1日 »

2005/07/31

偏差(へんさ)について

気功を行うとき、まず始めに心身ともにリラックスをするためにイメージトレーニングを行いますが、この時うまくリラックスできれば心も開放的になり、開いた心に様々なエネルギーがなだれ込んでくることがあります。特に意志の弱い方や、人の良い方は要注意です。
どんなことが起こるかといいますと、気分が悪くなったり、吐き気をもよおしたりします。特に始めて気功を習われる人に多いようです。
指導者もこのことに留意しておかなければなりません。
このような時指導者はどうするかといいますと、心になだれ込んだエネルギーを取り除く作業をしていかなければなりません。
気功を習う場合は、このことが出来る指導者について習うべきです。
通信講座で気功を独学で身につけようとされる方は、自己浄霊法を是非身につけて下さい。
神癒功はこのことも含まれているのです。
一般的な気功教室では、良い面ばかりが強調され、このようなマイナス面は表に出さないのが普通です。
実際、気功を習っていて体調不良になりどうすることも出来なくなって私のもとへ相談に見える方があります。
又、気功や手かざしなどで他人の治療をしている方も、体調が思わしくなくなるケースが多いようです。
ひどくなると精神的におかしくなり病院に入院する羽目になるということもおこってきます。
以上のことも知っておいたほうが良いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月29日 | トップページ | 2005年8月1日 »