« 心癒功(気功)と活性酸素 | トップページ | 百会(ひゃくえ)と湧泉(ゆうせん) »

2005/09/01

丹田

心癒功を実施するときに一番基になるのが臍からこぶし一個分下にある丹田という場所です。
肉体の気の貯蔵庫であり、気の出入り口なのです。
心癒功の予備動作では、リラックスしたあとにはこの丹田を意識します。そして、丹田から湧き上がってくる気を感じる練習をします。
上達してくると、この時点で丹田のあたりがむずむずしたり、下腹が温かくなったりします。
よくカラオケで歌うときにあがってしまいうまく歌えないという人がありますが、そんなときには、意識を丹田に落として歌うとうまく歌えます。人間はほとんどの人が意識が頭にあります。
意識を丹田に落とすことによって冷静になれるのです。
そして、意識を丹田に落とした人は少しぐらい押しても動かないものです。堂々としています。

次に丹田から湧き出る気を体中に広げる意識を作ります。
体中が緩んでゆったりした気分になれます。

偏頭痛でお困りの方で、いつも頭が痛いのではないのだけれど、時々ズキンときてその痛みが持続するような方、丹田を親指を隠して握った右手こぶしで押さえて、グッと力を入れてみてください。
痛みが和らいだり、止まったりするようであれば、頭痛薬はいらなくなりますよ。

|

« 心癒功(気功)と活性酸素 | トップページ | 百会(ひゃくえ)と湧泉(ゆうせん) »

「心癒功」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62510/5737376

この記事へのトラックバック一覧です: 丹田:

« 心癒功(気功)と活性酸素 | トップページ | 百会(ひゃくえ)と湧泉(ゆうせん) »