« 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月25日 »

2006/04/16

Oリングテスト(オーリングテスト)

心癒功の教室でこんな質問がありました。
「健康食品や、栄養補助食品を摂っているが効果がわからない。本当に効果があるのか知る方法とどれぐらいの期間飲めばよいのか知りたい」というものでした。

私からのアドバイスは、
健康食品や栄養補助食品は最低3ヶ月間は摂ってください。理由は本当のその製品がよいものであれば、細胞に変化が現れるはずです。そして、肌などは28日のターンオーバーという周期がありますが、内蔵などはそれより長く、3ヶ月は必要だからです。
つまり、3ヵ月後に何らかの良い変化が見られればその製品は体に良い影響を与えていると考えてよいと思います。
反対に、3ヶ月飲み続けても何の変化もないものは摂取を中止したほうが賢明です。
次に自分にとって有益な製品かどうか確かめる方法ですが、「Oリングテスト」という方法があります。
この方法に関しては、正確な理論は知らないので詳しくは書けませんが、手軽に調べる方法としてよく使われる方法ですのでご紹介します。
漢方薬などを処方する際にも使われます。
方法は、利き腕の反対の手で商品を握り、利き腕の親指と人差し指をくっつけて丸を作ります。
男性の場合は親指と中指で丸を作ります。
そして、第三者に親指と人差し指(中指)を引き離してもらいます。
このときの力の入り具合で判断するのです。
具体的には、例えばタバコを持って試すと簡単に指が開いてしまいます。
反対に自然のもので作られた健康食品(有効性が認められるもの)を持って試すと、指に力が入ってなかなか丸を開く(指を離す)ことが出来ません。
ぜひ試してみてください。医薬品などは簡単に開いてしまいます。何を意味するかわかりますよね。

※バイオフォトニックスキャナーというすごい機械があります。
肉体の抗酸化力をチェック出来る機械です。
この機械を使えば健康食品を摂る前に測定し、その後、健康食品などを摂って3ヵ月後に測定すればその製品を摂った事で体がどのように変化したかがわかります。
また、本当に効果がある栄養補助食品で測定すれば、抗酸化力が向上したことが確認できます。
ぜひこの機会で測定するチャンスがあればお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月25日 »