« 花見に行きました。 | トップページ | 自発動功 »

2006/04/10

瞑想法について(リラックス法)

心癒功を実施する際、最初に行うのがリラックス法なのです。
気をうまくコントロールするにはリラックスすることが重要です。
リラックスと言っても、体の力を抜くというだけのものではないのです。
心も体もリラックスした状態を作る必要があります。

そこで昔から伝えられている、瞑想法を行います。
メンタルトレーニングなどでは、自律訓練法などといわれている方法に似ているのですが、微妙な違いがあります。

 軟酥の法(なんそのほう):
   頭の上から順番に下に向かって体中を掃除
をするようなイメージをする方法。

 内観の法(ないかんのほう):
   お臍(へそ)の下にある丹田と言う部分を意
識することから始まり、肉体内部を全て認識する。
 
「臨済宗中興の祖」と称される白隠(はくいん)が著した「夜船閑話(やせんかんな)」のなかで、日常生活と座禅の調和に悩み病になったとき、仙人から授かったという瞑想法として紹介している。


|

« 花見に行きました。 | トップページ | 自発動功 »

「心癒功」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62510/9516792

この記事へのトラックバック一覧です: 瞑想法について(リラックス法):

« 花見に行きました。 | トップページ | 自発動功 »