« 介護予防(2)転倒 | トップページ | 介護予防(4)下半身の筋肉を鍛える その2 »

2007/09/06

介護予防(3)下半身の筋肉を鍛える

立つ、座る、歩くなど、普段の生活の中で行う行動に一番大切なものが下半身の筋肉です。
二本足歩行の人間は背骨と足腰の骨や筋肉で体重を支えています。
そのために重要なのが、おしり(大殿筋)・太もも(大腿四頭筋)・ふくらはぎ(下腿三頭筋)の筋肉です。
これらの筋肉はとても衰えやすい部分なので、鍛える必要があります。
下半身を鍛えるためには負荷をかけたひざの曲げ伸ばしである「スクワット運動」が最適です。
痛みが発生しない程度に根気よく行うことが大切です。

|

« 介護予防(2)転倒 | トップページ | 介護予防(4)下半身の筋肉を鍛える その2 »

気功体操」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62510/16357278

この記事へのトラックバック一覧です: 介護予防(3)下半身の筋肉を鍛える:

« 介護予防(2)転倒 | トップページ | 介護予防(4)下半身の筋肉を鍛える その2 »