« 3月14日(水) | トップページ | 3月15日(木) »

2012/03/14

心癒功とエネルギー障害

私たち人間は様々なエネルギーの影響を受けて生活しています。
人間にとって都合の良いエネルギーもあれば都合の悪いエネルギーもあります。
自宅で朝起きた時に心癒功を実施するようになって気がついた事があります。

それは、人間は寝ている間にも様々なエネルギーの影響を受けており、朝起きた時には体の中にそのエネルギーが溜まっているという事実です。
そして、健康的な人なら寝起きから行動を起こすことによって生体エネルギーが活発化し、体に溜まっているエネルギーを追い出すようなことが起こっているのです。
反対に、生体エネルギーの弱い人、つまり不健康な人などはエネルギーを追い出すことができないので、ますます体調不良に陥ってしまう結果となるのです。

私自身の体験をお話しますと、朝起きた時にはどのようなエネルギーが溜まっているかを確認しています(自分で認識できる範囲で)ので、その溜まったエネルギーが体内から出ていく様子がわかります。
そして、私の生体エネルギーが急激に体内から悪いエネルギーを追い出そうとすると咳き込んでしまいます。
昔からこのような症状は感じていたのですが、原因がよくわかりませんでした。

しかし、起床後心癒功を行うようになって、心癒功を行なった日から2~3日間はこの咳き込みが止まっています。
そしてしばらくするとまた咳き込みが始まります。

何が起こっているかと言いますと、心癒功を実施した直後は生体エネルギー(気)が強くなっているため都合の悪いエネルギーを溜め込まない状態でいるとができるのです。
しかし3日も経つと、生体エネルギーも弱くなり、悪いエネルギーを排除できなくなり体内に溜まってしまうのです。

毎週1回の心癒功講座を持って指導していた時にはこのようなことは感じませんでしたが、定期的に心癒功を行わなくなっていろいろなことがわかりました。
一般的には週1回の心癒功の実施で肉体の良い状態が保てるのではないかと間がています。

|

« 3月14日(水) | トップページ | 3月15日(木) »

「心癒功」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62510/54217701

この記事へのトラックバック一覧です: 心癒功とエネルギー障害:

« 3月14日(水) | トップページ | 3月15日(木) »