« 9月7日(金) | トップページ |  「言葉があなたの人生を決める」 »

2012/09/07

言葉でその人がわかる

おもしろいことに、人が使う接続詞を注意して聞けば、その人の考えや人生観、生きる姿勢などがわかる。投げやり、自分を粗末に扱っている、傲慢、自信がない、人の話を聞いていない…。たとえば次のようだ。

  
・でも、だけど……(逆説ではじまり)人の話を受け入れていない
  ・やっぱり、だから…自分の意見を主張したい
  ・まあ、たぶん……自分に自信がない


また、自分をどう扱っているかも言葉に出る。下の表をご覧いただきたい。

 [被害者・犠牲者の言葉] [自己責任を取る人の言葉]
  私にはできない      どうしたらできるか考えよう
  忙しい          時間は作れる
  大変だ          何とかなる
  仕方がない        もっといい方法はないのか
  自信がない        自信がある

自分を被害者、犠牲者と扱っている人の言葉は、自分にいつも何かに振り回され、そうした自分を卑下し、悲劇のヒロインを演じている。すべてはまわりのせいで、話す内容も過去の話が多い。声のトーンも暗く、笑ってもあきらめ笑いだ。
一方、自己責任を取れる人の言葉は、パワーがあり、自分が回りを動かしているという自信にあふれ、内容も今後の話が多い。言葉もシンプルで、迷いがなく、声もはっきりとしていて自信に満ちた笑いがある。
 これらは誰でも無意識に感じているはずだ。自分が無意識に使っている言葉で自分が評価されているとは、何とも恐ろしいことだろうか。あなたは自分の知らぬところで損をしているかも知れない。

|

« 9月7日(金) | トップページ |  「言葉があなたの人生を決める」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62510/55599229

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉でその人がわかる:

« 9月7日(金) | トップページ |  「言葉があなたの人生を決める」 »