« 2015年7月7日 | トップページ | 2015年9月8日 »

2015/08/09

気学

願望達成の方法として、気学というものがあることをご存知ですか?

〇九星気学

九星・気学(きゅうせい・きがく)とは、生れた年月日の九星と干支、五行を組合わせた占術。方位の吉凶を知るために使われることが多い。九星術を元に明治42年に園田真次郎が気学としてまとめたものと、それ以前の九星術と合わせて九星・気学と総称される。生年月日によって定まる九星と十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占う。九星と十二支は年・月・日・時のそれぞれにあるが、このうち年と月が運勢に大きく関係するとされる。また、生年によって定まる九星を本命星、生まれ月によって定まる九星を月命星という。
九星はある決まった法則で各方位を巡回することになっており、生年月日によって定まる九星と十二支との関係で各方位の吉凶を占う。
作家の池波正太郎は晩年九星気学を好んでいたという。
ミステリー作家の高木彬光は占い全般に造詣が深く、自身と占いとの関係や気学の書物も残している。
欧米では、イギリスの風水協会会長、マクロビオティック協会の会長を務めた、サイモン・ブラウン(Simon Brown)が九星気学への造詣も深く、全世界で100万部以上のベストセラーの著書もある。

<ウィキペディアより>


人間の周りには方位が存在します。
ある方位に向かって行動することによって、吉凶が生じるということを統計学的に解明したものが気学だと解釈しています。
気学を応用することで、自分の願望を達成することや、今抱えている問題の解決が可能となります。
すべての願望が達成出来るとは言えませんが、かなりの確率で達成可能だということは私の経験を通して感じています。
健康面であったり、経済面、人間関係など様々な分野で応用可能です。

私自身が体験する中で感じたことは、気学は自然エネルギーの法則を解明しようとしているのではないかということです。
様々な霊的エネルギーを体感するうちに、自然エネルギーや宇宙に存在するエネルギーなども体感できるようになりました。
そんな中で少しずつわかってきたことは、自然エネルギーの中に方位のエネルギーが存在するのではないかという仮説を立てるようになり、今現在も研究を続けています。

今後は、気学について私の体験を交えて解説していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月の方位

1年間(2015年2月4日~2016年2月3日)は、西と東と北東の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東と北東の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、4月17日~5月5日、7月20日~8月7日、10月21日~11月7日、2016年1月17日~2月3日の期間は土用となり、動土は慎まなければなりません。

今日8月8日は立秋で暦の上では今日から8月となります。
8月8日~9月7日までの期間は、車や不動産など高額な買い物、1泊以上の旅行、結婚・転勤・その他の理由での移転は、東、西、北東に加えて南西の方角は注意が必要です。
そして、8歳以下のお子様が旅行などで北西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

写真は「おのみち住吉花火まつり」
尾道の夏を代表する祭りです。13000発の花火が尾道水道を彩ります。

おのみちやよりNo3483


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月7日 | トップページ | 2015年9月8日 »