カウンター

フォト

心癒功を身につける!

心癒功実践講座

  • 心癒功実践講座

ネット講座「心癒功講座」

  • 好きな時間、好きなところで学べる「心癒功通信講座」
    心癒功通信講座

最近のトラックバック

2018/04/05

癒しの道場

人間がいつまでも健康で長生きできるためにはどのような生き方をしたらよいのかということが長年のテーマでした。
最初に出会ったのが気学でした。
気学とは、人間が移動することで様々な現象が起こってくるということを解明した方位学の一種です。
気学の教えに従って転居などを繰り返して、自分の人生にどのような影響があるかを知る為に実践してきました。
そしてその結果、かねてから熱望していた体操教室の体育館を手に入れることができました。

その後、ある方からのアドバイスで霊能者にお会いすることがあり、霊障というものが人生の邪魔をしているという事実も教えていただきました。
そして、その霊障を無くす方法として浄霊法を教わり自分なりに実践をして来ました。

また、霊能開発を進める中で、様々なエネルギーの存在を知りその応用法も身に着けることができました。
それが、気功法であることがわかり、独自の気功法として「心癒功」と名付けました。


気学や浄霊法や心癒功を実践することで、不健康であった者が健康になったり、様々な問題を解決できることもわかりました。

そこで、このことを多くの人たちに伝えていきたいと思うようになり、「癒しの道場」というホームページを立ち上げ、浄霊法は「心の道場」で、心癒功は「気の道場」として公開しました。

その後、スポーツ指導者として栄養にも関心があったので、関係書籍を読み漁り、栄養と健康の関係を扱った「食の道場」も公開しています。

次回は、「気の道場」で扱う心癒功について詳しく解説していく予定です。

2017/11/06

天狗になる

この度私自身が運営する体操教室の選手たちが、競技会で良い成績を修めうれしく思っているのですが、競技会終了後選手や保護者に伝えた言葉が「天狗にならないように」ということでした。

私はことあるごとに「天狗になるな」と言っていますが、天狗になるという表現は傲慢になるということを表しています。
スポーツの世界に限らず、ビジネスの世界でも、芸術の世界でも傲慢になると物事がうまくいきません。
このことは過去の経験から痛いほどわかっていますので、自分自身にも戒めています。

では、なぜ傲慢な想いは良くないのでしょうか。

人間には、頭脳で考えるものと心から湧き上がる想いというものがあります。
普通は、考えと想いというものは同じものととらえられがちですが、実は全く別物なのです。

頭脳で考えることは、過去に経験したことや学習したことを元にして思考することを意味しますが、想いとはその考え方や物事の捉え方を元に無意識に湧き上がってくる感情的なものを指すと考えられます。

そして、人間にはもう一つ普遍的なものがあります。
それは魂と呼ばれるものです。

この魂には人間のあるべき姿がインプットされており、常に人間を監視する役割を担っているのです。
しかし、多くの人たちは魂を眠らせたまま生活をしています。
では、魂の影響は受けないのでしょうか。違います。魂の代わりになる存在が潜在意識です。
一般的には、この潜在意識が人間を監視しています。

潜在意識も人間のあるべき姿を記憶しており、人間を良い方向に導く努力をしようとしているのです。
しかし、人間側がそのことに気づかず、潜在意識の望んでいる反対の方向(傲慢な状態)に想いが向いた時には、潜在意識はとても悲しみ人間を支配することを放棄します。

その結果起こることが、体調不良であったり、けがであったり、目指していたものが手に入らないような状況が起こってきます。

このようなことから、私が指導している体操選手たちには、いつも「天狗になるな(傲慢になるな)」と指導しているのです。

そして、天狗になった場合には、必ず天狗の鼻が折れてしまいます。
その時初めて気が付くのです。
遠回りにはなりますがそれも一つの方法ではありますが、出来るだけ早くこのことを理解させておいた方が将来の為にはなると考えています。_icwmuwk


2008/03/15

心と体のリラックス

心癒功ではリラックスすることを重要視します。
それはリラックスすることで体内の気が表に出てくるからです。
そしてその気を体内に循環させ、外部から自然の気を取り入れ癒合させるのです。
 
しかし、体をリラックスさせるといっても頭でわかってはいてもなかなか本当のリラックス状態は作れないのが実情です。
ましてや、心のリラックスとなるともっと難しく感じてしまいます。

心癒功を実践されている方はこの本等のリラックス状態を実感されています。
とても心地よいものです。

2008/03/07

ストレスと免疫力

ストレスが体調不良の原因となっていることはよく知られています。
ストレスにも精神的なものや物理的なものなど色々あって何がストレスの原因になっているか分からない場合も多いものです。
そして厄介なことにストレスが溜まると免疫力まで低下してしまいます。

ストレスが病気の原因になっている理由がこのことなのです。

心癒功を行うと、一時的ではありますがストレスが消えていきます。
ストレスもマイナスエネルギーの一種だと思います。
このマイナスエネルギーを消すことが出来れば免疫力の低下も防ぐことが出来るのです。
 
心癒功を行うことで健康体を維持することが出来るのです

2005/10/01

リラックスによって得られる効果

神癒功を始める時にリラックスできるようなる練習をするのですが、これは、リラックスができてないと、気が出ないからです。

また、リラックスすることによって気が出るばかりでなく、自律神経のバランスがよくなります。自律神経には交感神経と副交感神経があり、緊張しているときは交感神経が働き、リラックスすると副交感神経が活発に働きます。

しかしながら、現代人はあまりにも忙しく、またストレスが多いので、交感神経ばかりが活発になり、自律神経のバランスが崩れた状態で生活している人が圧倒的に多いのです。
神癒功により、リラックス法を身につければ、副交感神経を刺激し、その結果自律神経のバランスがよくなります。自律神経失調症などという名前の病気がありますが、これなどは、神癒功で治ってしまいます。

また、副交感神経が活発になれば、脳波のアルファー波が沢山発生します。
脳波がアルファー波になればよい状態であるということは化学的にも証明されています。
神癒功を続けていくと瞬間にリラックスッして状態を作る事ができます。

2004/11/06

人間の身体は小宇宙

人間の身体は宇宙をそのまま小さくしたものだといわれています。
私、個人的には、人間は宇宙の一部分だと考えています。
心の中には大宇宙に通じる扉があります。言い換えれば心の中に大宇宙が存在します。

宇宙には不変の法則があります。人間の存在も不変の法則に基づいて出来ていると思います。
これは時間も空間も超越したところにあると思います。(この不変の法則は宇宙の法則というよりは、大霊界の法
則といったほうが良いでしょう)

また、時間と空間に関係した宇宙の法則もあると思います。
人間はこの法則に逆らわずに生きていくことが最良の方法だと考えています。

時間、空間が関係ない不変の法則と、時間と空間に関わる規則正しい法則に従えば、悩みや苦しみがなくなり、幸せな人生を送ることが出来るのではないでしょうか。

心身ともにリラックスした状態で、心を開けば、宇宙からの情報が流れ込んできます。

心癒功を実行することで、この宇宙の法則に触れることが出来、また自分のものにすることも出来ると信じています。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめの本

  • 「癌は栄養療法で治る」
  • 「ガン食事療法全書」
  • 白隠禅師-健康法と逸話
無料ブログはココログ