2016/07/08

がんを予防する

がんに関する相談を受けることが多くなりました。
私なりに研究し、アドバイスした結果、症状が改善されたり克服された方がいらっしゃいますので、癌細胞が見つかった場合の対処法と、癌を予防する方法を書いてみたいと思います。

はじめにお断りしておきますが、私は医者ではありませんので専門的なことは医者のアドバイスを優先して下さい。

テレビなどで有名人(芸能人も含めて)が癌で亡くなるという報道がよくありますが、必ずその方を霊査しているのですが、決まって宇宙霊の憑依を受けています。
また、心の道場に相談に見えた方も必ず宇宙霊が関わっています。
従って、宇宙霊の憑依は癌の原因の一つであることは間違いないと思っています。

精密検査の結果がんと診断された場合には医者の意見も聞かなければなりません。
その場合も、医者の意見をうのみにせず自分で治療法などに関する知識を持つ必要はあると思います。

たいていの場合、癌と診断されたのちに心の道場に相談に見えますので、医学的治療はある程度決まっている場合がほとんどです。

心の道場での癌への対処法としてのアドバイスは、先ず自己浄霊法で宇宙霊を除霊することをお勧めしています。
癌の原因である宇宙霊を除霊することが最優先となります。
医学的治療で癌細胞を除去することができた後は、再発防止のための方策を考えなければなりません。
宇宙霊の除霊は再発防止の目的でもあるのです。

癌細胞が体の中にできるということは、免疫力の低下があるからなのですが、医学的治療では免疫力を向上させることは難しいと思います。

そこで免疫力を向上させるために医学的治療の他に自分でできることを箇条書きにしてみます。

 ・栄養療法:サプリメントの摂取。ニンジンジュースなど野菜や果物を積極的に摂取する。
   活性酸素の影響を軽滅するとともに免疫力の強化を図る。

 ・気功法(心癒功)を実施する。
   免疫力の強化と自律神経の調和を図る。

 ・自然の力を応用する。(ある場所の井戸水や湧水の飲用)
   自然の法則にのっとり自然治癒力の強化を図る。

 ・神癒(自己浄霊法)を実行する。
   活性酸素の発生の原因であるストレスの元となる霊障を除去する。

 ・医学的治療については、病院の選定も重要な課題となります。
   病院の方位により、治療効果が異なる場合がある。

  等を心の道場では指導しています。

心の道場の会員様でも癌に向き合っている方がいらっしゃいますが、みなさん上にあげた方法の何種類かを実行されています。

最後に、癌にならないために自己浄霊法を実施する際に「宇宙霊よ体から出ていきなさい!」という強い想いをいつも持つことをお勧めします。
宇宙霊の憑依を受けても自覚症状が全くと言っていいほどありません。
つまり自分で癌の初期の段階では気づかないで、精密検査などで発見される場合が多いのです。
また、体調不良で病院に行ったら癌だったということもよくあります。この場合は時すでに遅しというケースもあります。

ぜひ自己浄霊法を実施して癌の予防に取り組んでいただきたいと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/08

宇宙エネルギーと風邪

インフルエンザが猛威を振るっていますが、この時期には体調不良に関する相談が多く寄せられます。

ほとんどの方が宇宙エネルギーの影響を受けています。
この宇宙エネルギーについてはまだよくわかってはいないのですが、ある時期になると発生して人類に影響を及ぼしているのではないかと思います。

風邪がはやる時期には必ず宇宙エネルギーが発生し、私たちに影響を及ぼしています。
風邪の症状が出ない宇宙エネルギーもありますが、どのようなメカニズムになっているのかはわかっていません。

風邪は、ウィルスが原因で発症するのですが、私の考えでは、宇宙エネルギーの影響を受けている人が風邪のウィルスに感染すると風邪の症状が出るようです。
宇宙エネルギーの影響を受けると、ストレスとなり免疫力が低下します。
もちろん活性酸素も発生します。
免疫力の低下によりウィルスの影響が強く働き風邪の症状が現れるようです。

ではウィルスが発生する時期と宇宙エネルギーが発生する時期がなぜ重なるのでしょうか。
この点は今後研究していかなければと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/06

腰痛

昨年の7月から腰痛に悩まされ、車の乗り降りにも痛みを感じるほどでした。
3ヶ月間は鍼治療に通ったのですが、根本的な治療はできず今に至っていました。
腰痛のため思うように体を動かすこともできず、いつもコルセットをつけて体操のレッスンを行っていましたが、意を決して心癒功を実践することにしました。
心癒功の基礎動作である呼吸法は毎日行っていたのですが、体の動きを伴う応用動作は行っていませんでした。
そこで逆療法になるかもしれないという想いで、応用動作をここ数日行っています。
今の時点では、腰周りの痛みは薄れ、ある特定の部分の痛みが残っている程度になっています。
このまま続ければ痛みも消えるのではないかと期待をしています。
結果は3ヶ月後ぐらいに報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/24

「ガンをやっつけろ!」ホームページをリニューアルしました。

非通常療法(栄養療法・気功法・エネルギー浄化法等)によりガンでも普通の生活が送ることができる体を作る方法を無料で公開しています。(数量限定)

http://gannnikatu.info

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/19

冬に備えて

★エキナセアで免疫力を強化

風邪やインフルエンザが流行る季節となりました。
免疫力が低下していると、風邪をひきやすくなります。
免疫力を高めるには、食事(栄養)の質、生活習慣などを改善することと心癒功(気功法)を実施することが効果があります。
 
免疫力を高める栄養素として、霊芝、冬中夏草、β-グルカン、エキナセアなどが有名です。
特にエキナセアという植物は薬品でいう抗生物質のような働きをします。

★エキナセアとは

ネイティブアメリカンがガラガラ蛇に噛まれた時の治療に利用してきた歴史があります。
エキナセアの特徴は、体内の免疫を活性化させる事により、免疫の低下が原因で起こる、インフルエンザ、帯状疱疹、膀胱炎などのあらゆるウィルス感染症に使用されます。
安全性が高く、使いやすいハーブですが、免疫疾患のある方、免疫作用が原因の一部をなす疾患のある方は利用できません。

おすすめは「シーズナルケア」「コーディマックス」 

詳しくは「健康プラザ」で
    http://sugagym.jp.epharmanex.com
   古代伝承の智恵と先端の化学技術を融合した栄養補助食品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/14

日本対がん協会よりご案内を頂きました。

がんの早期発見・早期治療のために
「電話や面接によるがん無料相談を実施中」


拝啓
 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 日本対がん協会は、医師による「がんの面談・電話による相談」を実施しております。
また、協会独白にソーシャルワーカー・看護師による「がん相談ホットライン」を設けて、2010年は1月に土曜日相談開始、10月からは日曜日も始めました。祝目を除き毎日の態勢で、無料相談に応じております。
 2007年4月からがん対策基本法が施行され、患者やサバイバー、家族の方々への支援や情報提供の重要性がクローズアップされております。がんのことで多くの方々にご相談いただくためのチラシです。当協会の主旨をご理解いただき、カウンターなどにチラシを置いて頂くことができれば幸いです。

・医師による電話相談は、毎日のように行っています。ただし担当医の都合により相談を受けられない日もあります。部位にかかわらず、ご相談ください。
・医師による面談相談は、たとえば東京の本部では10数人の専門医が一ヶ月に20回程度行っています。国立がんセンター、癌研有明病院、聖路加国際病院、聖マリアンナ大学などから現役・OB医師が面談に応じます。事情は異なりますが、全国各地の支部でも多くなっています。
・がん相談ホットラインは、ソーシャルワーカーや看護師など国家資格を有し、現場経験豊かな相談員たちが祝日を除<毎日実施しています。何でもご相談ください。

日本対がん協会
http://www.jcancer.jp/

●がん相談ホットライン
03-3562-7830
毎日10:00から18:00まで
無料 予約不要 20分まで 相談内容の秘密は厳守します。

●専門医によるがん無料電話(面談)相談
03-3562-8015
事前予約制
予約受付時間 月曜日~金曜日 午前10時~午後5時
「がん無料相談」では診療は致しません。
電話相談は、お一人20分間です。
面接相談は、お一人30分間です。
                                      敬具

公益財団法人口本対がん協会
〒100-0006東京都有楽町2-5-1
      有楽町センタービル(有楽町マリオン)13階
Te1 03-5218-4771(代表)
   03-3562-8015(相談予約)
   03-3562-7830(ホットライン)
FAX 03-5222-6700


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/20

ストレスと蕁麻疹(じんましん)

私が経営している体操教室の発表会が開催されることで、準備なども含めて様々なストレスがかかってきて、ストレスエネルギーが溜まっていることが実感できました。
そんな中、初めは秋の花粉症の症状が出て、まずいなと思っていた矢先に、今度は体中がかゆくなる蕁麻疹の症状が出て、体中を掻いてしまいました。

ストレスは、免疫機能も狂わせることに気がつきました。
アレルギーも蕁麻疹も免疫機能のバランスの崩れから発生するものと考えられます。

かゆみが発生すると、あるスキンケア用のジェルをかゆい所に塗ってかゆみを抑えていました。
このジェルを塗るとかゆみは嘘のようにおさまりました。重宝しています。

発表会が終わって5日後ぐらいにはかゆみも収まり、改めてストレスと免疫機能の関係を認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/20

腰痛

ご存じかとは思いますが、私は体操教室を経営しており、2年前にはNPO法人を立ち上げました。
ほとんど毎日、子供たちに体操を指導する仕事に携わっています。
体操を指導するには自分の体も酷使することになります。
若いうちは疲労も早く回復し、苦痛は感じなかったのですが、40歳を超えるころから疲労回復が遅くなり、その結果過労となって、腰痛に苦しめられるようになりました。
 
そんな時、あるサプリメント(ビタミン・ミネラル・植物栄養素などをバランスよく摂れるサプリメント)に出会い、栄養の重要性を知り、疲労回復も早めること出来ました。

しかし、最近は腰痛だけはどうすることもできない状態になり、接骨院に通い、ハリを打ちながら治療をしました。
なんとか継続して仕事ができるまでには回復しましたが、コルセットは離せない状態でした。

朝起きた時には腰痛を感じ、低周波治療器を使いながら毎日を過ごしていました。

ところが、半月ほど前に、妻がひざの裏側にできていたこぶのようなものが消えたと私に確認を求めてきて、実際にこぶがあったものがなくなっていたのです。
このこぶは医者に聞いたら、なくなることはなく、うまく付き合っていくしかないということでした。
治療法は手術以外にないということだったので、本人はあきらめていたのですが、手術をしなくて済んだと大喜びでした。

実はこのこぶのことで相談を受けていた私は、あるサプリメントを妻に進めていたのです。
妻がこのサプリメントがよかったのではないかと言っていたことが、私の腰痛にもよいのではないかという思いをもつきっかけになりました。
 
そして、そのサプリメントを取り始めて4日目ぐらいに低周波治療器のお世話にならなくても朝つらくなく、気になっていた腰痛もほとんど感じなくなりました。

まだ数日しかたっていないので、結論を出すには早いかもしれませんが、栄養の力を実感した出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/18

気功法と栄養摂取で5歳若がえる!

「若がえり健康講座」参加者募集のお知らせ

メタボ、生活習慣病などの原因と予防法についての講演会と免疫力を強化し、老化を遅らせることに有効な気功法の実技講習会がセットになった「若がえり健康講座」を下記の要領で開催いたします。
メタボ、生活習慣病の予防法に関心のある方、気功法に興味のある方など多くの方の参加をお待ちしています。

              記
主催:NPO法人青竜スポーツクラブ
後援:三原市教育委員会
   
日時:平成21年3月29日(日)10:00受付 10:30開始
  10:30~12:00 健康講演会「運動と栄養でより若く健康に!」
       講師 健康管理士一般指導員
  12:00~13:00 休憩
  13:00~14:30 気功法の実技指導
       講師 NPO法人青竜スポーツクラブ理事
          心癒功普及会 会長  
                      菅 一男
会場:三原リージョンプラザ南館 会議室と和室(予定)
〒723-0015  三原市円一町二丁目1番2号(リージョンプラザ東隣) 
          
参加費用:無料 
     
定員:20名
詳しくはホームページhttp://npo-seiryou.com/kennkousemina-.htm  
お問い合わせ:電話 0848-64-6649 または 0848-64-9460 
携帯電話 090-2800-0517(菅)
Eメール sugagym@npo-seiryou.com
申込締切:3月15日(日)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/10/06

★食物繊維

★食物繊維

私たちの食事は野菜不足といわれています。
食事の欧米化により、日本人は野菜が不足しているというデータも挙がっています。
野菜にはビタミン・ミネラルの他に食物繊維という大切な栄養素が含まれています。
1日の食事でどれだけ野菜を摂ることが出来るでしょうか?

厚生労働省は、1日に野菜を350g摂取することを推奨しています。
しかし、日本人の現状は、平均292gしか摂れていません。
そして、食物繊維に関しては20~25gを目標量としていますが、平均すると約半分の15g程しか摂れていません。

〇食物繊維が欠乏すると、以下のような症状が出る可能性があります。

 ・便秘になる
 ・大腸がんになりやすい
 ・肥満・糖尿病になりやすい
 ・動脈硬化・高脂血症になりやすい
 ・高血圧・虚血性心疾患になりやすい

〇食物繊維を多く含む食品には、以下のようなものがあります。
 (含有量(g)/可食部100g当たり)

  乾しいたけ(茹で)7.5g
  ごぼう(ゆで)6.1g
  ブロッコリー(茹で)3.7g
  まいたけ(茹で)3.6g

一度に多くの野菜を食べることは、なかなか困難ですが、ジュースであれば、手軽に、しかも甘味のある果物も一緒に入れるとおいしくいただけます。
それに、よりヘルシーですよね。
おすすめの材料はニンジンやキャベツ、そしてリンゴ。
これをベースに作れば味の失敗は少ないでしょう。


食物繊維が手軽に摂れる!

野菜のケールと穀類の発芽玄米の栄養まるごと【送料無料】
有機栽培ケールと有機発芽玄米が一度に食べれる野菜粒。

 http://item.rakuten.co.jp/ensekiaojiru/10211/

| | コメント (0) | トラックバック (4)