カウンター

フォト

心癒功を身につける!

心癒功実践講座

  • 心癒功実践講座

ネット講座「心癒功講座」

  • 好きな時間、好きなところで学べる「心癒功通信講座」
    心癒功通信講座

最近のトラックバック

2022/06/28

【2022年7月の方位】

7_20220628163202

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

九星気学 八雲院


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月7月7日は小暑で暦の上ではこの日から7月となります。

2022年7月7日~2022年8月6日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と東南と北西の方角は注意が必要です。

なお、北東と東南と南西と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と東南と南西と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

又、7月20日~8月6日の期間は土用となりますので、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

8歳以下のお子様が旅行などで北の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

2022/05/28

【2022年6月の方位】

6_20220528160901

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

九星気学 八雲院


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月6月6日は芒種で暦の上ではこの日から6月となります。

2022年6月6日~2022年7月6日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と東南と北西の方角は注意が必要です。

なお、北東と東南と南西と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と東南と南西と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで北の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

2022/04/30

【2022年5月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

九星気学 八雲院
https://yakumoin.info/

2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月5月5日は立夏で暦の上ではこの日から5月となります。

2022年5月5日~2022年6月5日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と南西と北西の方角は注意が必要です。

なお、北東と南西と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と南西と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで北東の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

5

2022/04/01

【2022年4月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月4月5日は清明で暦の上ではこの日から4月となります。

2022年4月5日~2022年5月4日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北と南と北西の方角は注意が必要です。

なお、北と南西と南と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南西と南と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

4月17日~5月4日は土用の期間となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

8歳以下のお子様が旅行などで西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で


方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


方位を調べるなら「あちこち方位」

4-2

2022/02/26

【2022年3月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月3月5日は啓蟄で暦の上ではこの日から3月となります。

2022年3月5日~2022年4月4日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北と南と西の方角は注意が必要です。

なお、北と南西と南と西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南西と南と西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで北西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で


方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


方位を調べるなら「あちこち方位」

32-2

2022/01/30

【2022年2月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」

2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月2月4日は立春で暦の上ではこの日から2月となります。

2022年2月4日~2022年3月4日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と南西の方角は注意が必要です。

なお、北東と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」

方位を調べるなら「あちこち方位」

2_20220130094901

2022/01/02

【2022年1月の方位】

明けましておめでとうございます。
皆様にとって良い年でありますように。

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月1月 5日は小寒で暦の上ではこの日から1月となります。

2022年1月5日~2022年2月3日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、東と西と南西の方角は注意が必要です。

なお、東と西と東南と北西と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て東と西と東南と北西と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

又、1月17日~2月3日は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

8歳以下のお子様が旅行などで南西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で


方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


方位を調べるなら「あちこち方位」

1

2021/12/03

【12月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


2021年は暦の上では2月4日から始まって、2022年2月3日までの1年間が辛丑(かのとうし)六白金星の年となります。

1年間(2021年2月4日~2022年2月3日)は、東南と北西と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て東南と北西と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月2日、4月17日~5月4日、7月19日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2021年月12月 7日は大雪で暦の上ではこの日から12月となります。

2021年12月7日~2022年1月4日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、東南と北西と南の方角は注意が必要です。

なお、東南と北西と南西と南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て東南と北西と南西と南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで北の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で


方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


方位を調べるなら「あちこち方位」

122

2021/10/31

【11月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


2021年は暦の上では2月4日から始まって、2022年2月3日までの1年間が辛丑(かのとうし)六白金星の年となります。

1年間(2021年2月4日~2022年2月3日)は、東南と北西と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て東南と北西と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月2日、4月17日~5月4日、7月19日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2021年月11月7日は立冬で暦の上ではこの日から11月となります。

2021年11月7日~2021年12月6日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、東南の方角は注意が必要です。

なお、東南と北西と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て東南と北西と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで南の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

個人別に調べる場合は参考にしてください。
毎日の暦は「今日の九星版」で


方位盤や本命星を調べるには「九星気学LAB」


方位を調べるなら「あちこち方位」

11_20211031153901

2021/10/13

【部屋の中での方位どり】

自分にとって良い方角への転居で開運を図る方位学というものがあります。
私自身も吉方への転居を繰り返してきました。
その都度方位学の効果を実感しています。
今年は人生最後となる転居を計画しています。

移転となると、出費もかさみかなりのエネルギーを必要とします。
そこで、移転ほど大げさではなく、手軽に運気を変える方法を紹介します。
それは部屋の中で吉方に移動することです。
影響としては、とても小さなものですが、繰り返し行うことで運気も変わっていきます。

私の経験をお話ししますが、まだ方位学というものを知らない中学生の頃のことです。
学期ごとに試験があり、試験日前の1週間はクラブ活動もできなくて勉強に専念するという試験週間がありました。
この期間は集中して勉強をしなければならないのですが、私は試験週間ごとに部屋の中で机の位置と向きを変えていました。
その時々で集中できる机の位置と向きがなんとなくわかっていたように思います。
後々考えてみると小さな方位どりをしていたのだと思います。
小学生時代はそんなに勉強ができるほうではなかったのですが、中学生になって急に成績が上がったように思います。

方位学(気学)の中には、病人の枕の向きを変えて病状を改善するという方法があります。
理屈は同じことだと思っています。

こんな話をしても一般的には偶然だとか、迷信だと言って片付けられてしまいますが、素直に信じて実行すればよい結果につながると思います。

Tukue

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめの本

  • 「癌は栄養療法で治る」
  • 「ガン食事療法全書」
  • 白隠禅師-健康法と逸話
無料ブログはココログ