カウンター

フォト

心癒功を身につける!

心癒功実践講座

  • 心癒功実践講座

ネット講座「心癒功講座」

  • 好きな時間、好きなところで学べる「心癒功通信講座」
    心癒功通信講座

最近のトラックバック

2023/08/29

【2023年9月の方位】

2023年は暦の上では2月4日から始まって、2024年2月3日までの1年間が癸卯(みずのとう)四緑木星の年となります。

1年間(2023年2月4日~2024年2月3日)は、西と東南と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月7日、10月21日~11月7日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。
92_20230829111901

2023年9月8日は白露で暦の上ではこの日から9月となります。
2023年9月8日~2023年10月7日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北と南と東の方角は注意が必要です。

なお、西と東南と北西と北と南と東の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西と北と南と東の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

2023/07/29

【2023年8月の方位】

8_20230729134101

2023年は暦の上では2月4日から始まって、2024年2月3日までの1年間が癸卯(みずのとう)四緑木星の年となります。

1年間(2023年2月4日~2024年2月3日)は、西と東南と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月7日、10月21日~11月7日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2023年8月8日は立秋で暦の上ではこの日から8月となります。
2023年8月8日~2023年9月7日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と南西の方角は注意が必要です。

なお、西と東南と北西と北東と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西と北東と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで北西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

2023/06/30

【2023年7月の方位】

7_20230630070901
2023年は暦の上では2月4日から始まって、2024年2月3日までの1年間が癸卯(みずのとう)四緑木星の年となります。

1年間(2023年2月4日~2024年2月3日)は、西と東南と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月7日、10月21日~11月7日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2023年7月7日は小暑で暦の上ではこの日から7月となります。
2023年7月7日~2023年8月7日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、東と西と北東の方角は注意が必要です。

なお、西と東南と北西と北東と東の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西と北東と東の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
7月20日~8月7日は土用の期間となり、新増改築・工事・動土などは慎んでください。

2023/03/02

【2023年3月の方位】

3_20230302090201

2023年は暦の上では2月4日から始まって、2024年2月3日までの1年間が癸卯(みずのとう)四緑木星の年となります。

1年間(2023年2月4日~2024年2月3日)は、西と東南と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月7日、10月21日~11月7日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2023年3月6日は啓蟄で暦の上ではこの日から3月となります。
2023年3月6日~2023年4月4日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、西と東南と北西と東の方角は注意が必要です。

なお、西と東南と北西と東の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西と東の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで北の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

2023/01/30

【2023年2月の方位】

2_20230130081801

 

2023年は暦の上では2月4日から始まって、2024年2月3日までの1年間が癸卯(みずのとう)四緑木星の年となります。

 

1年間(2023年2月4日~2024年2月3日)は、西と東南と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

 

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月7日、10月21日~11月7日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

 

2023年2月4日は立春で暦の上ではこの日から2月となります。
2023年2月4日~2023年3月5日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と南西の方角は注意が必要です。

 

なお、西と東南と北西と北東と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て西と東南と北西と北東と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

 

8歳以下のお子様が旅行などで南の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

2023/01/01

【2023年1月の方位】

明けましておめでとうございます。
皆様にとって今年1年が良い年になりますように。

2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となりますので、今月はまだ年は明けていません。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2023年1月6日は小寒で暦の上ではこの日から1月となります。
2023年1月6日~2023年2月3日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北と南と南西の方角は注意が必要です。

なお、北と南と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
1月17日~2月3日の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

8歳以下のお子様が旅行などで西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

1_20230101071601

2022/12/02

【2022年12月の方位】

122_20221202092601

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

九星気学 八雲院


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月12月7日は大雪で暦の上ではこの日から12月となります。
2022年12月7日~2023年1月5日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北と南の方角は注意が必要です。

なお、北と南と南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北と南と南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

8歳以下のお子様が旅行などで北西の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

2022/11/09

【 改運について 】

(平成15年4月20日発行のニュースレターより)

今回は改運についてお話しいたします。開運ではなく改運です。
新年の講演会でお話したことを短くまとめてお知らせしたいと思います。
今年引越しをしなければならない人、時期と方角が選べるのであれば改運のチャンスですよ。10月9日・18日・27日の3日間に大きなチャンスあり。
ただしどこでも良いということではありません。一人一人方角が違います。逆に何も考えずに引越しした場合は、悪い方位(凶方)へ動く場合が多いものです。何を根拠にこのようなことを言うかといいますと、気学という方位学の一種を基にしているのです。心の道場では、事業で店舗を構える時の方角や、進学で大学を選ぶ時の相談なども受けています。
私自身があるきっかけでこの気学を知り、興味を持って勉強していくうちに健康を改善する方法や、ビジネス、商売に応用できることを知り、自分自身で何度も試してみました。すごいです。
特に不動産に関する事柄では、威力を発揮します。
私は、今の自宅を建てる時に頭金が無いに等しい状態で家を建てました。
それまでに5回引越しを繰り返しました。
この気学によると、引越しをした後起こってくることがある程度予測できるのです。良いことも悪いことも。
引越しが原因で病気になることもよくあります。この場合は、自己浄霊だけでは対処できません。霊障ではなく、エネルギー障害なのですから。
気学の「気」は、気功の「気」とエネルギーという点では似たようなものですが、本質的には違います。この気学の「気」を応用することで開運できるのです。
私の息子も、10月には自宅から引越しをして、一人暮らしを計画しています。
ただ引越しといってもいろいろ制約がありますから、簡単に出来るものではありませんが、実行すればそれだけの効果があるのですからチャンスがあればやってみる価値はありますよね。
私は時期的に引越しが出来ませんので、土を取りにいきます。(土気法)
(平成15年4月20日発行のニュースレターより)

今現在は、その後2回の転居を行い、終の棲家として新築した家で生活しています。すべて吉方位での移転でしたので方位の作用を受けることが出来ました。
今の家に転居して1年が経過していますが、少しづつ方位の作用を感じています。
方位の作用が現れる時期が決まっていますので、今後9年間が楽しみです。

Kigaku

2022/10/31

【2022年11月の方位】

112


 


どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。


 


九星気学 八雲院
https://yakumoin.info/


 


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。


 


1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。


 


そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。


 


2022年月11月7日は立冬で暦の上ではこの日から11月となります。


 


2022年11月7日~2022年12月6日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と南西と北西の方角は注意が必要です。


 


なお、北東と南西と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と南西と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。


 


2022/09/28

【2022年10月の方位】

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

九星気学 八雲院

2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日~2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日~2月3日、4月17日~5月4日、7月20日~8月6日、10月20日~11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月10月8日は寒露で暦の上ではこの日から10月となります。

2022年10月8日~2022年11月6日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と南西と東南の方角は注意が必要です。

なお、北東と南西と東南の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と南西と東南の向きになる部分の増改築は避けて下さい。
そして、10月20日~11月6日の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

8歳以下のお子様が旅行などで東南の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。

10_20220928095401

より以前の記事一覧

2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめの本

  • 「癌は栄養療法で治る」
  • 「ガン食事療法全書」
  • 白隠禅師-健康法と逸話
無料ブログはココログ