2020/04/30

【気功法WEB体験会】

Web

コロナウィルスの感染拡大防止の影響で、予定していた「気功法1日体験会」が中止となりました。
また、その後開講を予定していた「気功法おのみち講座」も開講の目途が立っていません。
「気功法1日体験会」を楽しみしていた方も多くあり、何とかできないものかと考えてWEB講座を開催することといたしました。
内容は、「気功法1日体験会」で用意していたものをそのままパワーポイントで編集し動画を作りました。ユーチューブにアップしましたのでぜひ参加していただきたいと思います。
当日用意した資料もそのままダウンロードできるようになっています。
気功法のことがよくわからないという方や気功法に興味があるという方にも、気功法の魅力がわかっていただけるように作ったつもりです。
皆様の健康づくりにお役に立てれば幸いです。

気功法WEB体験会への参加はこちら
https://youtu.be/ql2w-1ewHpY

| | コメント (0)

2020/04/26

【気功法実践講座を動画で実践】

Korona

 

コロナウィルスの関係で公共施設の使用ができなくなり、気功法実践講座も休講となりました。
感染が心配されるコロナウィルスですが、免疫力が高ければとりあえずは重篤化しないということが言われていますので、自宅でも気功法を実践していただきたいという思いから動画を配信することにしました。
会員の皆様にはぜひご自宅で気功法を実践していただき、コロナウィルスに負けない体づくりを行っていただきたいと思います。

 

また、不要不急の外出は控えていただき、できるだけ人と接触しないように心がけてください。
お仕事の関係で難しいこととは思いますが、一人一人が気を付けておかないと、感染は広がるばかりです。
このウィルスは健康に与える影響は強く、死に至るケースもあります。
自分はもとより他人に移すリスクがあることも良く理解しておかなければなりません。
今後は家庭内感染、職場感染が大きなカギとなると思います。

 

どうか皆様も行動には気を付けてくださいますようお願いいたします。

 

| | コメント (0)

2020/02/05

【 気功法実践講座 風邪と気功法 】


風邪をひいているようで体がだるいと妻が言うので、気功法で天の気を引くといいよと言うと、気功法を実践しているにもかかわらず、うまく天の気が入らないとぼやいていた。
そこで、百会(頭頂の部分)を意識して息を一気に吸ったらうまくいくと伝えたところ、しばらくして天の気が入ってきて体が楽になったと喜んでいました。

風邪の原因は様々ですが、概ねエネルギー障害の場合が多いものです。
宇宙エネルギーや自然エネルギーの影響がほとんどですが、これらの影響を受けてエネルギーが体内に溜まると、体内の気の流れが滞り体調不良を感じるようになります。
そして風邪の症状が現れてきます。
そんな時には、天の気を体内に引き込むことで、エネルギー障害を中和(言葉が適切かどうかはわかりませんが)することができ、体調不良が改善できます。

体内に保有している気エネルギーが強くなれば風邪もひきにくくなります。
詳しく言えば、エネルギー障害があっても風邪の症状が出にくくなるのです。

ただし、インフルエンザや最近問題となっているコロナウィルスなどの感染症は気功法では対応できません。
ただ、気功法を実践していると免疫力が向上しますので、仮に感染したとしても症状は軽く済む可能性はあります。
Kikouhoujissennkouza_20200205161401

| | コメント (0)

2020/01/06

【気功法「予備動作」の紹介】

気功法実践講座の内容の一部である「予備動作」の紹介です。
予備動作を継続的に実践することで何かが変わるかもしれませんよ。

是非お試しください。


気功法実践講座のご案内

| | コメント (0)

2019/12/25

【 邪気祓い(じゃきばらい) 】

気功法実践講座で指導させていただいている気功法は、「心癒功」という独自の気功法が元になっています。
内容を簡単に解説すると、導入部分では体と心を緩めるための「予備動作」を行います。

次に、体の隅々にまで気をめぐらすことを呼吸とイメージで行っていきます。

そして体の中の気の勢いが高まったところで、「外気発射」と呼ぶ方法で自分の気の力で相手の体に触らずに動かすということを実践しています。

以上が実践講座で行うルーティンなのですが、体の不調を感じている方がある場合は、特別に「邪気祓い」という方法を公開しています。

体の不調は各種エネルギーの影響で起こっている場合が多いものです。
従って、そのエネルギーの影響を軽滅させることで体調不良は改善されます。
エネルギーの影響を軽滅させるために自分が練って強くした気エネルギーを応用するのです。
これを「邪気祓い」と呼んでいます。

「邪気祓い」には、二つの方法があり、一つは、自分の体調不良を改善するために行うもので自分の体内で完結します。

もう一つの方法は、他人の体調不良を改善するために、自分の気を外気発射により相手の患部に照射してエネルギーの影響を軽滅させるというものです。

いずれにしても、施術者の気の強さが「邪気祓い」の成否を左右します。
多少のテクニックを必要としますが、病気の予防にとても役立ちますので、多くの方に身に着けてほしいと考えています。
Photo_20191225142701

| | コメント (0)

2019/11/07

【 邪気払いで胸のしこりが 】

気功法実践講座で最近参加された方が、胸のしこりが気になるということを訴えられていたので、邪気払いの方法をお教えして、約1か月たったころにうれしい報告をいただきました。
2か所あった胸のしこりがだんだん小さくなっているということでした。
とても感激されていましたが、信じて根気よく行っていただいたので良い結果が出たのですよとお伝えしました。
私にとってもうれしい報告となりました。

Photo_20191107105801

| | コメント (0)

2019/07/30

【気功法実践講座 その4 】

今回も「気功法実践講座」に新しい方が参加して下さいました。
初めてということもあり、いろいろ難しい面もあったと思いますが、リラックスすることが一番難しかったのではないのでしょうか。

講座の最初に行うリラックス方法で「軟酥の法(なんそのほう)」というものがあります。
体の内部を頭頂から足先までゆっくりと掃除をするイメージトレーニングを行うのですが、この部分がうまくできなかったために本当のリラックスが出来ていませんでした。
なぜ本当のリラックスが出来ていないことがわかるかというと、人間が本当にリラックスが出来た時には、背後に後光のような形状でオーラのようなものが出てきます。
丁度道端のお地蔵様の背後にある木の葉のような形をした物のように見えるのです。
誰でも見えるというものではありませんが、私には感じることが出来るのです。

最初のリラックスがうまくできないとその後の気の流れというものがイメージ通りに動かないことがあります。
つまり気功法の効果が弱くなるのです。

ただ、回を重ねるごとにだんだん上達していきますので問題はないのですが、最後に行う「対気」の時に反応が鈍くなるため、自分はうまくできていないのだと感じる方もありますので、フォローをする必要があるのです。
「対気」に反応するようになれば体にも変化が感じられるようになります。

※対気=二人で向き合いお互いの右手首をあわせ、気の強い者が気を発することで相手は後ろに引かれるように倒れる現象が起こる。

気功法実践講座


心癒功通信講座のご案内


ネット講座「心癒功講座」のご案内

Kikouhoujissennkouza_20190730114001

| | コメント (0)

2019/05/22

【 気功法実践講座にて 】

昨日の気功法実践講座に新たな参加者がありました。
以前から時々体調不良の相談を受けていたのですが、気功法実践講座の事を知り参加を決められたそうです。
気功法実践後に質問タイムでその方の肩が痛いということで、「邪気祓い」の事をお話ししながら実行したところ肩が軽くなり痛みも軽くなったとのことでした。
今後はご自分で「邪気祓い」を実施して頂くよう説明しその日の講座を終了しました。

気功法実践講座のご案内

Photo_4

| | コメント (0)

2019/01/09

【上がらなかった腕が上がった】

今年最初の気功法実戦講座での出来事で、参加者の一人の女性が上着を脱ぎにくそうにされていたのでレッスン終了後にみさせて頂きました。
悪いエネルギーが溜まっていたので除去して差し上げたところ、簡単に痛みもなく腕が上がるようになりました。
びっくりされていましたが、私の講座ではよくある事です。

また、もう一人の女性は胃が痛むということで悪いエネルギーを除去したところ気分が良くなったそうです。

なぜこのようなことが起こるのかということは解説することは難しいのですが、簡単に言ってしまえば、体の不調には必ず原因があります。
その原因のうち人間にとって都合の悪いエネルギーが関わっているものが大半です。
そのエネルギーの影響を除去すれば解決するのです。
このエネルギーを除去する方法の一部が気功法というわけです。Img_1926


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/12

【初めての対気】

10月から開講の気功法実践講座で初めての対気を行いました。
対気とは気のぶっつけあいとでもいったらよいのでしょうか。
向き合ってお互いの右手を合わせ、気が強い者が気を出すのです。
気の弱い人は相手の気に押されて後ろへ倒れるようになるのです。
危険なので気の強い人が相手の右手を左手でつかんで行います。
ほとんどの人が後ろへ倒れそうになりました。
もう少しで動き出すという人もありましたが、この方も時間の問題でしょう。
このような現象は気が強くなってくると起こります。
自分の気が強くなってきていることが確認出来るのです。
Kikouhoujissennkouza


| | コメント (0) | トラックバック (0)