2018/10/08

気功法実践講座を開講しました

気功法実践講座の第1日目が終わりました。
先日行われた気功法1日無料体験会に参加された方の内の数名の方が参加されました。
無料体験会で体験したことを聞いてみると、ある方は頭痛が治りすっきりとしてその日は熟睡が出来たそうです。

私たちが実践する気功法は、効果が表れるのが早く、体調の変化を実感される方が多くいらっしゃいます。
当日も手のひらの中心が痛くてかゆいのですがと質問された方がありました。
これは気が手のひらから放出されているからですよと説明させていただきました。
このように体に変化が現れると気というものの存在を認識されると思います。

初日でしたので、気功法の解説と、予備動作・基本動作に加えて応用動作の一部を実践しました。
一度にすべてを行うと理解できない部分もあると考えて、分けて実践しました。
次回ですべての動作を解説することになっています。

今後も参加者を募って多くの方に気功法の素晴らしさを体験してもらいたいと願っています。

尚、会場の都合などにより、11月からは実施日を第1火曜日と第3火曜日に変更させていただきます。
時間は14:00~15:00です。
Kikoukiji


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/24

気功法1日無料体験会開催

日時:9月21日(金)
会場:三原リージョンプラザ

約10年ぶりに気功法実践講座を開講するに当たり、無料体験会を開催しました。
募集した人数20名に対して、19名の方が参加して下さいました。

菅のあいさつで始まり、気功法に関する説明と、気功法を実施することで健康になる理由などの解説のあと、実際に気功法を体験して頂きました。

健康法としての気功法を解説するときには、15年前に肺がんと診断されて、気功法で今でも元気に生活されている方から体験談をお話しして頂きました。
今では医者から「なぜ転移しないのだろうか?」というように不思議がられているそうです。

気功法の体験の後は、体調不良を気功法で改善する方法などの紹介もさせていただきました。
最後の質疑応答では様々な質問があり、関心の高さがうかがえました。

10月から開講する気功法実践講座に多くの方が参加して頂き健康になっていただきたいなと思っています。

Kikou1


Kikou2


Kikou3

Kikou4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/12

気と健康

気は血液やリンパ液と同じように体中を流れています。
血液の流れが停滞すると病気になるのと同じように、気の流れが停滞しても体調不良の原因となります。
血液やリンパ液の流れが大切なのと同様に気の流れも大切なのです。
気の流れが正常であれば、病気にはなりにくい体になります。
反対に気の流れが滞れば体調不良や病気が発生するのです。
気功法はこの気の流れを正常にすることができるのです。
気功法を実践することで健康な体を手に入れることが出来ます。
ただ病気や体調不良には様々な原因があり、すべての不調に気功法が効果があるとは言えませんが、かなりの高い確率で不調を改善できるのは確かです。
1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/23

目に見えないものを

目に見えない気をどのように扱うかというとイメージで動かすのです。
また、体の中を流れる気というものを捉えるということも重要になります。
始めのうちは、気を捉えるということは難しいので、自分のイメージで気を動かすことを身に着け、その後は体の中を流れる気を認識する能力を養うことになります。
その前に、体の中で気がどのように動くかを知識として持っていなくてはなりません。
先人が体験から導き出した気の流れを学ぶことで知ることができます。
中国には仙道という学問(?)があります。
また、仏教にも座禅と並んで呼吸法というものも存在するようです。
#気 #仙道 #呼吸法
Dscf0868


| | コメント (0) | トラックバック (0)

気功法とは

気功法とは簡単に表現すれば、体の中に気が流れる道があり、その道に沿って気エネルギーを流す作業です。
気エネルギーは目に見えないためどのように扱ってよいのかわからないため、なかなか気功法が理解されないのだと思います。

気の流れる道筋を知って、気エネルギーの扱い方を知れば簡単に気を動かすことができます。
そして、体中に気が流れればとてもすがすがしく活動的になるのです。
また、原因不明の体調不良で困っている方などは徐々に健康を取り戻すことができるようになります。
#気功 #呼吸健康法 #気Img6e41111ajpdjuo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/06

潜在能力の開発

人間は自分で気がついていない能力を持っているものです。
また、人間の能力は死ぬまでに数パーセントしか使わないそうです。
ところが、一部の人たちはこの潜在能力を開発して活躍されているのも事実です。

また、人類史上に残る発明や発見なども潜在意識の働きと潜在能力をフルに使った結果であると思います。

では、潜在意識を働かせ、潜在能力を開花させるにはどうしたらよいでしょうか。
 
それは、リラックスすることなのです。

ここでリラックスするときの大切なことをお話して今回は終わりたいと思います。

リラックスするときは、心の状態を次のような状態にする必要がある。
  ○悩みは忘れる
  ○病んでいる箇所も忘れる
  ○平和な心
  ○前向きな心
  ○明るい心

などです。くよくよ、イライラ、心配、不安、依存心、責任転嫁はだめです。

ちなみに、気功法で実施する「軟酥の法」はリラックスするための方法です。
本当にリラックス出来た時には、その人の背後に後光のような形で幽体が現れます。

201687onomiti


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

心癒功

気功法を習得すると自分がどのように変わっていくか、またどのようなことが出来るようになるかお話します。
 
ひとつは、心の使い方がうまくなります。
そして、潜在意識の働きが活発になります。
その結果、潜在能力が開花します。
また、自然の法則に従って生活できるようになります。

○心の開放

気功法を実施する準備に必ずリラックスをします。
このリラックス法は、自律訓練法とも言われ、ストレスが解消するとも言われています。
 
これは、ストレスが解消するのではなく、ストレスに対して強くなる、言い換えれば免疫が出来ると解釈したほうが良いと思います。
 
本当のリラックスが出来るようになれば、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスがよくなって、ストレスをストレスと感じなくなります。

そして、前回もお話しましたが、本当のリラックスが身につくと心が開放されます。
 
心には素晴らしい働きがあり、様々な情報が入ってきます。
また、様々なエネルギーも入ってきます。
その結果、自分のほしい情報がいつでも取り出せるようになるのです。
宇宙の摂理、自然界の法則などがなんとなくわかるようになります。

ここで心とはどのようなものであるかを考えてみましょう。

人間は何時も何かを意識し、考えながら生活しています。
この意識は大きく分けると、顕在意識と潜在意識と宇宙意識に分類することが出来ます。
 
顕在意識とは、何時も物を考え、五感で得た情報を整理したり記憶する働きがあり、頭脳が中心となります。

潜在意識とは、過去の古い記憶や、体験したこと、なんども繰り返し思ったり行動したことを記録する働きがあります。
幽体が中心となります。
夢に出てくる事柄はこの潜在意識にある情報が出てくることが多いようです。また、人間形成に大きく関わっています。

宇宙意識とは潜在意識よりもっと奥深く広がる意識帯で、他人の宇宙意識や存在する物体ともつながっています。
また宇宙ともつながっているのです。
心が中心となって働きます。人間の想いを司り、潜在意識の情報が心の働きによってその人の運を形作っています。

心を別の見方をすれば次のようなことがいえると思います。
   
○魂の住みか
 魂は心の中に存在する。

○さまざまなエネルギーとの交流の場
 心癒功を行うとトランス状態に陥りやすい。
 
※トランス状態=心の開放
 各種エネルギーとの交流が起こりやすくなる⇒偏差が起きる
 波長一致の法則:心の状態によって同調するエネルギーの種類が決まる。
 大切なことは、心が開放状態でも顕在意識ははっきりとさせておくこと。

○心は無限の可能性を持っている。
 宇宙とつながっている(宇宙意識)一人間は小宇宙である。
 全人類共通の物である一遠隔治療・霊視等心で想ったことは必ず現実化する一運命は自分が作るもの。
 地球上の生き物の中で人間だけが持つもの一霊長類。
 
○心は自由である
 人の心を支配することは出来ない。

※マインドコントロール(心の質を変える)
 悪い例:弱心者・盲信性・催眠などを利用
     薬物により思考を麻痺させ、幻覚症状を引き起こし暗示を強化する
 良い例:意識改革・メンタルトレーニング等


次回は潜在能力の開発について。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/06

基礎知識


 丹田(たんでん):
   人間の肉体の中心
   知識を蓄えたり考えたりすることの中心は脳です。
   精神の中心は心、魂です。
   エネルギーの中心は丹田。細胞一つ一つにもエネルギーは発生して
   いますが、このエネルギーの元は栄養です。生体エネルギーの中心
   はあくまでも丹田です。

 湧泉(ゆうせん):
   足の裏の土踏まずにあるつぼ。地の気の入り口。

 百会(ひゃくえ):
   頭頂のつぼ。天の気の入り口。

 壇中(だんちゅう):
   胸の真ん中のつぼ。みぞおちの上あたり。宇宙の気の入り口。

 労宮穴(ろうきゅうけつ):
   手のひらのつぼ。気を感じやすいところ。

心癒功を実施するときに気をつけなければいけないこと

 調心(ちょうしん):
   心も体もリラックスした状態を作る。
    体の力を抜き、お風呂につかっているような状態を作る。
   平常心で望む。
    あるがままの状態で望む。ありのままの自分。
   プラス思考で望む。
    怒り、悩み、心配などイライラくよくよするようなことはとりあえず
    頭から外す。

 調息(ちょうそく):
   呼吸を整える。
   息を吐くことに集中する。
   気は呼吸とともに動く。
   初心者は、呼吸が浅い(肺活量も少ない)ので、途中で息継ぎをしても
   かまわない。
   慣れてくると、一呼吸がだんだん深く長くなる。

 調身(ちょうしん):
   姿勢を整えること。
   いすに座る。正座する。 座位
   立って行う。      立位
   寝て行う。       臥位

 意守(いしゅ):
   イメージ法
    気はイメージによって動く。
    常に気が動く道筋をイメージする。
   集中法
    気の動きだけに集中する。
    様々なことを考えてしまうが、気にしない。

最後にリラックス法について
  
 心癒功で一番重要なのが、リラックスです。
 本当のリラックスが出来れば心癒功は80%成功したことになります。
 普通リラクスというと体の力を抜いて、気持ちを楽にすると考えられますが、
 これがなかなかうまく出来ないのです。
 自分ではリラックスしていると思っても、実は本当のリラックスは出来てい
 ないのです。
 
 本当にリラックスが出来たらどうなるかといいますと、人間は、肉体、幽体、
 魂で出来ているのですが、この幽体が膨らんできます。

 道端にあるお地蔵様の背後に木の葉っぱのような形のものがあるのをご存知
 ですか。
 これが幽体です。本当のことは知りませんが、私は幽体をあらわしたものだ
 と思っています。
 
 本当にリラックスが出来るとこの幽体が大きくなり、心はトランス状態(ニ
 ュートラルな状態)になります。言い換えれば、心が開きます。

 ただし、ここで気をつけていただきたいのは、心の弱い方、自意識の薄い方
 はトランス状態になることで、何者かに心を占領されることがあります。
 怖がらせる意味でこのようなことをいっているのではありませんが、このこ
 とは良く理解しておいてください。
 
 気功法やヨガ、瞑想法、座禅など精神的な部分を扱う行法では、このことを
 知らないで行うと気がおかしくなったり、体調が悪くなることがあります。
 表には出ませんが、町のカルチャー教室などでもこのようなことは起こって
 います。

 心癒功を実施する前に自己浄霊法をマスターされることをおすすめします。

 自己浄霊法への招待ページ

 http://kokoronodouzyou.com/jikozyoureihou.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/06

猫と心癒功

毎朝起床後すぐに心癒功を行うのが私の日課となっています。
最近我が家の飼い猫が、心癒功を行っている私のひざの上で身体を撫でてくれと要求してくるようになりました。
はじめのころは気が散るので困惑していたのですが、最近は撫でながら心癒功を行うようになりました。
そこで気が付いたことなのですが、私の体内に気を巡らせていると猫も気持ちよさそうにしているので猫を観察したところ、猫の体内にも気が巡っていました。
私と猫が気を共有していたことになります。
考えてみれば、気功治療の一種ということになります。
気功治療は患者の病んでる部分に治療家が気を照射し、患部を直していくものですので同じような現象が人間と猫の間で起きているということです。
毎朝私のひざの上に来る理由がわかりました。
とても興味深い出来事でした。Syuu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/06

心癒功

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧